交通事故治療

交通事故によるむち打ちの施術を得意としております

交通事故によるむち打ちの施術を得意としております交通事故に遭った後、ご相談に来られる患者さまも当院にはたくさんいらっしゃいます。「痛いのに病院で異常がないと診断された」「事故から数日経って症状が出てきた」「手足のしびれなど症状が改善されず長引いている」「保険会社とのやりとりの仕方がよくわからない」といったご相談内容が、特に多くあります。

症状があるのに病院で異常が発見できないことがあるのは、レントゲンなどの画像検査ではむちうち症など筋肉損傷や軟部組織の異常はわからず、診断が難しいことが理由です。

治療費について気にする患者さまも多くいらっしゃいますが、交通事故によるケガは自賠責保険の適用によって、患者様のご負担なく治療ができますので、ご安心ください。交通費や入院費も自賠責保険で賄われます。

当院はそのために必要な保険会社とのやりとりなど、あらゆる面から症状改善のためのサポートさせていただきます。患者さまが治療に専念できる体制を整えておりますので、交通事故後の対応などでお困りのことがありましたら、ぜひ当院へ一度ご相談ください。

交通事故治療よるこんなお悩みないでしょうか

交通事故治療よるこんなお悩みないでしょうか「痛い個所をマッサージしてもらうが、一時的で痛みなどが改善されない」「投薬などを服用しているが症状が軽減しない」、交通事故によるケガでこうしたお悩みはないでしょうか。誰にでも不意に起こる可能性のある交通事故のケガですが、当院では家族や仕事への影響を最小限に抑えながら、治療に専念することができます。

転院・並行通院について

転院・並行通院についてセカンドオピニオンとして当院の利用を希望される患者さまも歓迎いたします。特に異常がないと診断されたが、痛みや違和感などの症状があるという方などは、ぜひ一度ご相談ください。他の病院や整骨院などで交通事故の治療をすでに受けていても、期待したような症状改善がないという場合は転院していただくことも可能です。

すでに他院で治療を受けた方も転院可

ご自分に合わない治療法は単にストレスになるだけでなく、長く続けても十分な治療効果を得られない可能性もあります。特に長期間に渡って通院していても症状が改善されていない場合は、環境を変えて治療を受けていただくことをおすすめします。当院ではまず患者さまの状態やご希望を丁寧に細かく確認して、治療を進めるよう常に心がけています。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい。

治療費や転院費用などは自賠責保険から支払われ、当院では転院で必要な手続きなどについてもしっかりとサポートさせて頂きます。患者さまの経済的・心理的な負担を取り除き、治療に専念できる環境が整っていることも、症状回復には大切なことだと考えていますので、些細なことでも不安なことがありましたら、ご遠慮なくご相談ください。

整形外科との併用について

かかりつけの病院や整形外科がない場合は、ご連絡していただければ当院が信頼する医療機関をご紹介させていだきます。

自賠責保険に適用した治療を受けるためにも医療機関での診察は必要ですが、まずは整形外科でレントゲン検査などを行い、事故の衝撃で骨格などに異変が生じていないかを確認するのが先決です。医療機関で検査の後に、当院のような接骨院・整骨院で治療を行い、根本的な治療に取り組みましょう。病院から痛み止めや湿布薬を処方されることもありますが、こうした薬物療法はあくまでも痛みなどの症状を一時的に抑制する対症療法です。根本的な症状改善を目指すものではないので注意してください。

治療費・慰謝料について

自賠責保険は運転者すべてが加入を義務付けられている保険で、治療費のみならず、交通費、手術・入院費用、休業補償も自賠責保険から支払われます。自損事故でも適用されます。

治療費や保険会社とのやりとりについて心配される患者さまも多くいらっしゃいますが、自賠責保険が適用される交通事故の治療は、患者さまご自身が治療費を支払ったり、保険会社との窓口となる必要はありません。

行政書士との連携で心強いサポート

当院では交通事故による不安を抱えた患者さまを支援するため、行政書士との連携もとっており、ご希望の患者さまに紹介させていただいております。

誰もが遭遇し得る交通事故ですが、具体的な対応の仕方などについては、多くの患者さまがよくわからず漠然とした不安を抱えているものです。当院なら治療を受けながら、安心して必要な手続きを進めていけます。

当院の交通事故治療治療の特徴

当院の交通事故治療治療の特徴交通事故によるむちうち症、腰痛などのつらい痛みの症状などの解消はもちろん、痛みのある患部だけでなく、全身のゆがみを調節していくことで、より早期の症状改善が見込めます。

診療が遅れると事故と症状の因果関係を立証しにくくなってしまう場合もありますので、事故直後は症状が軽かったとしても早めのご来院を心がけてください。費用の負担などの心配せずに、治療に専念しましょう。