自律神経の乱れ

このような症状でお悩みではありませんか?

このような症状でお悩みではありませんか?自律神経が乱れてしまうと、病院の検査で異常なしと診断されたのに、なんとなく身体がつらい感じがして、「普段から何かとイライラしてしまいがち」「夜なかなか寝つけない」「胃腸の調子が悪く食欲が湧かない」といった症状が現れます。当院は病院で自律神経失調症と言われたことがある方の治療も行っています。

自律神経失調症とは

自律神経失調症とは自律神経は脈拍や血圧、発汗、消化運動などを調節している神経です。言葉自体は聞いたことあるという方も多いかと思います。

緊張している状態で優位となる交感神経とリラックスしている状態で優位になる副交感神経の状況に応じて、自律神経は血圧や脈拍、発汗、消化運動などを調整する役割を果たしていますが、ストレスなどの原因で正常な働きが失われてしまい、そうした調節機能が乱れてしまうことがあります。

自律神経失調症はリラックスすべき状況にも関わらず、動悸がしたり、汗をかいたり、めまいといった症状が引き起こされている状態で、厳密には病名ではなく症状名になります。特に代表的な原因としてあげられるのがストレスや不眠です。

先述したように不安や緊張している状態の時は交感神経が優位になっていますが、交感神経が優位な状態が長時間続くことによって、自律神経の調節機能に障害が生じてしまうのです。睡眠不足も副交感神経が優位な時間が少なくなり、交感神経が優位な状態が長くなっているということになります。自律神経の機能がうまく働かなくなると不眠傾向がますます強まってしまい、悪循環へと陥ります。

自律神経失調症の症状

自律神経失調症の症状人それぞれの特異な症状が出ることがあるのも自律神経失調症の特徴ですが、慢性的な疲労、だるさ、めまい、偏頭痛、動悸、ほてり、不眠、便秘、 下痢、微熱、耳鳴り、手足のしびれ、口やのどの不快感、頻尿、残尿感といった身体的な症状が何日も続くケースが多くあります。

こうした症状に伴い、精神的な不調、具体的にはイライラ、不安感、疎外感、落ち込み、やる気が出ない、ゆううつになる、感情の起伏が激しい、あせりなどが感じられます。

医学的には以下の4つのタイプに分類されています。もっともこの分類は薬を処方するため、表面に現れた症状についてのみ述べられたものです。あくまでご参考程度にしてください。

本態性自律神経失調症

先天的な体質を原因とするものです。子供の頃から自律神経の働きが乱れやすいタイプで、検査などでは異常は発見できません。虚弱体質の方や低血圧の方に多い傾向があるとされています。ストレスなどもあまり影響はありませんが、食事、睡眠、運動、休息などの生活習慣の改善が体質改善に有効と考えられます。

神経症型自律神経失調症

心理的な影響が強いタイプで、自分の体調の変化などに対する感受性が過敏で、ちょっとした精神的ストレスでも体調を崩しがちです。精神状態に左右されやすく、感情の移り変わりが体に症状にも現れます。

心身症型自律神経失調症

几帳面で努力家のまじめな性格の人がなりやすいタイプで、自律神経失調症の中でも最も多、日常生活のストレスが心身両面の症状が現れます。

抑うつ型自律神経失調症

几帳面な性格や、完全主義のタイプが陥りやすい心身症型自律神経失調症が、さらに進行するとこのタイプになります。肉体的にも頭痛、微熱、だるさ、食欲がない、不眠などの身体の症状が現出し、その背景にやる気が起きない、気分がどんより沈んでいるなど、うつの症状が存在しています。病院でも肉体的な症状を改善するための対症療法しか受けられず、不快な症状に長期間にわたって苦しむ方も少なくありません。

更年期障害も自律神経が原因です

更年期障害も自律神経が原因です女性ホルモンのエストロゲンが急激な減少が皮膚・骨代謝・性器の他、自律神経系に影響を及ぼすことで引き起こされる更年期障害。

主な症状としては…
  • ほてり
  • のぼせ
  • 多汗
  • 手足の冷え
  • 動悸
  • 頻脈
  • 憂うつ
  • イライラ
  • 肩こり
  • 腰痛
  • むくみ
  • しびれ
  • だるい
  • 尿漏れ

などさまざまなものが挙げられます。

人生のターニングポイントを迎えて、精神的ストレスも増大しやすい時期であることも、こうした症状が悪化する原因のひとつとなっており、自律神経失調症の症状を併発している方も多く見受けられます。全身の加齢による変化は、長年の生活習慣のひずみによって蓄積された、体の歪みなどの影響が占める部分も大きく、バランスを崩した自律神経を整える施術を受けることで症状の軽減が期待できます。

当院の治療方法

当院の治療方法自律神経失調症など自律神経の乱れに悩まれている患者様に対して行っている当院の施術は、深部の筋肉の緊張改善血行の流れの改善の2つがメインになります。どれも全身の血流を良くし、自律神経のさまざまな調節機能を取り戻していくことを目的にしたものです。

深部の筋肉の緊張改善

自律神経の改善にはリラックスする時間が必要です。脳の緊張は筋肉の緊張を引き起こしますが、逆に筋肉の緊張を和らげることで脳の緊張も和らげることが出来ます。

血行の流れの改善

筋肉の緊張が続くと、筋肉の周りの血流が悪くなり、自律神経失調症などの悪影響を及ぼします。当院では筋徒手療法により、筋肉周りの血行を改善していきます。